酵素ドリンク置き換えダイエット

酵素ドリンクでダイエットは成功するか!

酵素ドリンクで置き換えダイエット

酵素ドリンクでのダイエットってやる人多いですよね。

モデルさんなどが酵素ドリンクで置き換えダイエットをしている!なんて紹介したりして話題になったというのもありますが、酵素がカラダにいいとかダイエットには欠かせない!って情報も紹介されているので、健康的に痩せるのに酵素ドリンクがおすすめ!ということで酵素ドリンクダイエットを選ぶ人が多いみたいです。

 

酵素ドリンクでの置き換えダイエットは、比較的ダイエットの成功率が高いと入れていますが、本当にダイエットに成功するものなのでしょうか?

 

わたしも酵素ドリンクで置き換えダイエットしましたが、確かにあまり無理することなく健康的に痩せられた!ということはありました。
ただ、全ての人が酵素ドリンクを使った置き換えダイエットに成功!ってわけじゃないんですよね。

 

 

では、酵素ドリンクでの置き換えダイエットに失敗してしまった!というのがどういうことが原因なんでしょうか?
その代表的なものが、“空腹感に負けてしまって失敗”というケースです。

 

 

酵素ドリンクは、空腹感を紛らわすこともできるといわれていますが、やっぱり慣れるまでは、空腹で我慢できない!って思うこともよくあります。
置き換えダイエットの場合、どうしても普段の食事をコップ1杯程度の酵素ドリンクに置き換えているわけなので、ダイエットを始めた当初はそれなりに我慢ができても、だんだんとお腹が空くのに我慢が出来なくなってくる!ということはあります。

 

多くの方は、その空腹感に耐えかねて、間食などをしてしまって、そのままズルズルとダイエットに失敗していくわけですね。

 

 

そういう失敗をできる限りしないようにするには、準備期間を設けて、ちょっとづつ食事量を減らしていってからスタートするというのもあり!なんですが、それが出来ていれば、酵素ドリンクじゃなくても、他のダイエットでも成功できるような気もしないではありません。

 

 

あと、多くの場合、朝や夜など1食分を置き換えるわけですが、他の食事時に必要以上に食べ過ぎてしまうと、やぱり効果は出にくくなってしまいます。
あと、酵素ドリンクの宣伝文句などには、ハードな運動など無しでも!みたいなことが書いてありますが、ある程度適度な運動というのはやったほうが、ダイエットの成果に結びつきやすいと思います。
実際、短期間のプチ断食などではハイキングコースを散策したり、ヨガとかいろいろメニューを用意してあるところが多いですからね。

 

 

それから、酵素ドリンクの置き換えダイエットで失敗しやすいもう一つの原因が酵素ドリンクの味!
酵素ドリンクが美味しくないと、それ自体に我慢が出来なくなって、飲むのを止めてしまう!ということがあります。

 

そうなってしまっては、全く意味がなくなってしまうので、口コミなどでどの酵素ドリンクが不味くなく、飲みやすいのか?ってこともチェックしてから購入するといいですね!

 

酵素ドリンクでの置き換えダイエットのやり方

酵素ドリンクで置き換えダイエット

酵素ドリンクを使った置き換えダイエットのやり方というのは、特に難しいことではありません。

酵素ドリンクを購入すれば、添付されている資料などで酵素ドリンクを使った置き換えダイエットの方法を紹介している商品もありますし、ほとんどの商品でホームページなどでやり方を紹介してたりします。

 

ココでは、置き換えダイエットの一般的なやり方について紹介したいと思います。
酵素ドリンクを使って置き換えダイエットを行う場合、朝飯、昼飯、夕ごはんを酵素ドリンクに入れ換えて行うパターンが一般的なのでどなたでも簡単に始めることができます。

 

つまり、毎日の食事のうち、どこかで食事を食べずその分酵素ドリンクに置き換えるという方法ですね。

 

酵素ドリンクには、文字通り酵素や野菜・くだものの栄養分がたっぷりと入っているので、断食などと違ってしっかり栄養をとりながらダイエットを行うことができますので、健康的に痩せることができると評判です。

 

もちろん、慣れてきたら、1日3食分を全て酵素ドリンクに置き換えしてダイエットするという方法もあります。
ただ、いきなりプチ断食で全ての食事を酵素ドリンクに置き換えるというのは、大変だとおもうので、まずは1食分から置き換えてだんだんと体を慣らしながら行っていくのがいいと思います。

 

 

ただ、急いで体重を落としたい!ダイエットしないといけないという場合であれば短期間のプチ断食が効果が出やすいのですが、無理をすると、その後リバウンドしてしまうことがあるので、気をつけたいところです!

 

余裕があるなら、1日のうち1食分だけを酵素ドリンクに置き換えてじっくり痩せる!というのがいいと思います。
ただ、どの食事を置き換えるか?によってもダイエットの効果は随分変わってきます。

 

やはり効果が実感しやすいのが、夕食を酵素ドリンクに置き換えるというのが一番実感しやすいと思います。
やはり夕食はどうしてもガッツリ食べてしまうことも多いし、その後に寝てしまうので、できれば寝ている間に腸に負担をかけないようにするほうが、痩せやすい体になりやすいですからね。

酵素ドリンクでのダイエットの効果って本当にある?

酵素ドリンクで置き換えダイエット

私も酵素ダイエットを行ったのですが、正直に言うと、効果は微妙でした。

微妙というのは、痩せなかったわけではないけれど、この方法ならある程度は痩せて当然じゃない?って思ったから。

 

だって、酵素ドリンクに置き換えをすれば、ある意味食事制限をしているのと一緒なわけだから、食事を食べない分体重が減って当たり前ですよね。
そういう意味ではダイエット効果はあるといえばある!ということになります。

 

 

 

それに、酵素を体に取り入れることは体にとってすごくいいことですし、腸内環境がよくなって、便秘の解消などにも繋がるケースもよくあります。腸内環境がよくなれば、お肌にとってもよいので、肌荒れとかニキビができにくくなったなんて。ダイエット以外のところにもいい効果が期待できるのでオススメです。

 

より酵素ドリンクによってダイエット効果を高めたいのであれば、タバコは止めたほうがいいようです
タバコを吸うことで、せっかく摂った酵素がタバコをケアするために使われてしまって、ダイエットなど代謝を高めるところにまわる分が少なくなってしまうので、タバコを吸う人は、禁煙することもおすすめです。

 

運動との組み合わせは最強!

酵素ドリンクを使った置き換えダイエットをするだけでも、十分ダイエット効果が期待できるわけですが、より効果を高めるのであれば、やはり適度な運動、体を動かすということは大事になってきます。
ダイエットサプリなどのCM,広告などでも、最近は、指導に基く運動などを行った結果です!なんてお断りが掲載されていますよね。

 

運動を組み合わせるとダイエットにいい!というのはイメージ的には分かっているのですが、実際運動するのは面倒だったりします。
ですが、この運動がより代謝を高めることにも繋がるんですよね。
特に年齢とともに運動をしていないと筋肉量が減ってきます。
筋肉量が減れば、その分燃焼させるパワーが衰えるので、どうしても痩せ難いカラダになってしまいます。

 

酵素は、代謝を高めるのに役立つので、酵素ドリンクで酵素を補ってあげることが大事なんですが、そこに燃焼しやすいような体を用意してあげることもダイエットには大事。
なので、ハードな運動じゃなくて、簡単なウォーキングとかでいいので、毎日の生活にプラスしてみる、そしてウォーキングする時間がなければ、エスカレーターを使わず階段を使うとか、ちょっとしたことでいいので体を動かすことでも違いは出てきます!

 

 

芸能界にも酵素ダイエットのプロフェショナルは大勢いると言われています。浜田プリトニー氏の酵素ダイエットコツは酵素ジュースを利用した入れ換えダイエットで2ヶ月半分の間に大幅に痩せることに成功していますよね。

 

他にも、ほしのあきさんや紗栄子さんなども酵素ドリンクを使ってダイエット、健康管理しているとかいいますし、元モーニング娘。の市井紗耶香さんも酵素ドリンクの愛用者ですよね。
以前テレビでやっていましたが、モデルのエビちゃんこと蛯原友里さんも撮影前とか体を絞りたいときに酵素ドリンクでプチ断食をしてスタイルをキープしているそうですよ!

 

酵素ドリンクでの置き換えダイエットは、空腹になる!というのも大事なポイントなんですよね。
プチ断食は、普段食べ過ぎていて、胃腸に負担がかかった状態を断食することで、解消、改善してあげることができるんです。

 

現代は、いつでもどこでも食べ物を食べることができたりしますよね。
そうすると、1日中休むことなく胃腸は消化したりして働き続けることになります。となれば、やはり胃腸にも負担がかかってしっかり消化できないことで脂肪がつきやすくなったり、便秘体質になったりするわけです。

 

 

本来、食事は1日2度でいい!って話もあるくらいなので、今は絶対的に食べすぎなんだそうです。
それを元の状態に戻してあげることで、ダイエットにも結びつくし、健康、美肌にもなる!ってわけですね。

 

 

 

 

酵素ダイエットに取り扱う飲み物を手に入れたいので、うわさを確認すると、選ぶ際には気をつけないと後悔すると書いてありました。
買った後に美味い味ではなかったらダイエットを続けていけないからだ。
そこでわたしはうわさで最も定評だったものを選ぶことにしました。